歯の矯正を望んでいるなら早めに歯科を訪れよう

矯正歯科の先生にまずは相談

歯の矯正はある程度の時間がかかりますので、計画は余裕をもって、そして的確に治療を進めていく必要があります。矯正歯科の先生が決まったら、治療に入る前に事前にやっておくべきことを先生に確認することをお勧めします。 例えば、上下の歯全体を動かす矯正治療をすることになった場合、人により顎が小さいなどの理由で健康な歯でも矯正治療のために一部抜歯が必要なことがあります。どの歯を抜いてもいいということではなく、抜く歯は先生が指定しますので、間違えないようにしましょう。できれば、事前準備のために来院する歯科医院と、矯正歯科の先生との間で連絡がとれる状況であるほうが良いです。双方の連携がとれていると安心であることが多いです。

その上で虫歯や歯周病の治療を

矯正治療を開始する前に歯科医に行かなければいけない理由は他にもあります。矯正のための抜歯の中で、よくあることの一つとして親知らずの歯の問題です。レントゲンで見つかることもありますが、実際に生えてきていない親知らずが歯茎の奥に横向きに生えていたりすることがあります。そうなると生えてくる向きによっては矯正治療を邪魔することになりますので、事前に抜歯をしないと矯正治療を開始することができません。 その他にも矯正治療が始まると、虫歯になりやすく、仮に虫歯になってしまうと治療を中断せざるを得なくなります。虫歯や歯周病の治療もしっかり完了させておかないと、スケジュール通りに矯正治療が進みませんので、必ず事前に歯科医を受診しましょう。